その「仕組み」は世界をちょっぴり変えていく。COGITO

News

タイムワープMAP・東京」がリリースされました

2019.06.10

コギトが「タイムワープMAP・東京 制作委員会」の一員として参画している「タイムワープMAP・東京」がリリースされました。

 

タイムワープMAP・東京とは?

 

現代から1964年東京オリンピック前夜(1962年ごろ)へ、現代から幕末嘉永年間(1850年ごろ)の江戸の町へ。

タイムワープMAP・東京は、現代と二つの時代をそれぞれ同一の画面上に表示して、街の痕跡や変化を地図上で知ることができるこれまでにないデジタルマップです。

デモ版はこちらからご覧いただけます → https://labs.mapfan.com/etc/kochizu/

 

タイムワープMAP・東京 制作委員会について

東新紙業株式会社(こちずライブラリ)、株式会社地理情報開発、株式会社コギト、株式会社NHKエンタープライズの4社が発起人となり、東京を手始めに、膨大なくらしや土地の記憶を刻む地図情報を、「街の記憶のプラットフォーム」としてデジタル整備することをめざす団体です。

 
タイムワープMAP・東京についての詳細はこちら
「タイムワープMAP・東京 制作委員会」オフィシャルサイト

関連コンテンツ

  • ambula map