その「仕組み」は世界をちょっぴり変えていく。COGITO

News

学生の見たい・知りたいを喚起する修学旅行支援アプリ 「エデュロゲ」10/1提供開始

2019.10.1

コギトとエヌ・ティ・ティラーニングシステムズ共同開発

株式会社コギト(本社:京都府京都市、代表取締役:太田 稔)とエヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鳥越 隆)は、イラストマップや古地図など紙の地図とGPSを連動し、イラストマップ上で位置情報を利用したクイズラリーを展開できるiOS/Android用アプリ「エデュロゲ」を共同開発し、10月1日から提供を開始します。

 

■エデュロゲとは?

 

 

エデュロゲとは、「エデュロゲイニング(=Education[エデュケイション]+Rogaining[ロゲイニング]を表す造語)」の略称です。

ロゲイニングとは、地図やコンパスを使って制限時間内にチェックポイントをまわり、得点を競う野外スポーツのこと。

エデュロゲは、その特長である「チームで戦略を立て、試行錯誤しながらエリアを回る」ことに着目し、学習(エデュケイション)の要素と融合させるとで、「体験を通して学びを得られる」アクティブラーニングを実現することを目的としています。

提供するロゲイニングエリアは、年間約80万人の修学旅行生を迎える京都市から開始し、全国へ展開予定です。

 

サービスwebサイト ⇒ https://www.lswest.jp/education-ict/edu-rog/

 

■エデュロゲ サービス概要

エデュロゲは、株式会社コギトの提供するイラストマップアプリ「ambula map(※)」にエヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社の提供するクイズを搭載し、楽しみながら学び、記憶に残る修学旅行を実現する、アクティブラーニング型修学旅行支援サービスです。

名所・名跡を見学することと級友と楽しく遊ぶ感覚とが一体となることで、学ぶ内容を「覚える」ではなく、楽しい記憶と結びついて「覚えている」という生きた記憶になり、その後の学習意欲形成にも大きな影響をもたらすことが期待できます。

※ambula mapとは

全国の古地図やイラストマップで町歩きが楽しめるiOS/Android向けスマホアプリです。

手書き地図の魅力をそのままに、GPS機能で正確な位置を瞬時に把握。紙の地図とデジタルの地図の良いとこどりで、町歩きを楽しく演出します。

現在「幕末京都古地図」「江戸切絵図」「琵琶湖鳥瞰図(吉田初三郎作)」、「京都大学散策マップ」その他全国の観光マップが公開中。

 

公式webサイト ⇒ https://ambula.jp/map/

 

ambula mapは開発者である大塚恒平氏より提供いただいている古地図・絵地図アプリ基盤「Maplat」を利用しています。

Maplat提供サイト ⇒ https://github.com/code4history/Maplat/wiki

 

■サービスの特長

①学生たちが分かりやすく親しみやすい“イラスト”マップ

情報をデフォルメして表現しているイラストマップを使用することにより、注目すべきポイントを明確に伝えるだけでなく、ロゲイニングするエリアの特長や歴史の深みなどを世界観として表現できるため、参加する学生たちの興味を喚起することが可能になります。

②その場に行くことでクイズに回答

GPS機能により、実際の地点に近づくことで初めてクイズの選択肢が出現し、回答することができるようになります。

これにより、修学旅行の目的の1つである「教科書に書かれている写真の現物を自分の目で見る」ことを実現するとともに、学生たちにとっては宝探しをするような感覚でクイズ地点を回ることができます。

③進捗のリアルタイム監視+終了後の振り返りも可能

参加している学生たちのロゲイニング進捗状況=クイズ回答状況を、管理者(先生)はリアルタイムで一括監視することが可能です。

また、終了後、各学生がどのようなルートでクイズ地点を回ったのか、どのくらいの時間がかかったのかなどの履歴を確認することができるため、振り返りに活かすことができます。

 

■サービス成立の背景

きっかけは、ある学校長からエヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社に寄せられた「修学旅行にもっと教育を反映させられないか」という1つの相談でした。

修学旅行の主な目的は

・教科書に書かれている写真の現物を自分の目で見ることができること

・級友と楽しく過ごすこと

の2つですが、これまでの修学旅行では事前学習はあるものの、実際の旅行となると「遊び」の行程が重視され、名所・名跡の観光は単なるノルマとして回る程度…という状況が少なくありませんでした。

そこで、「見学しないといけないから見学する」ではなく「見学したいから見学する」を目指したプロジェクトがエヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社で発足。「修学旅行のICT活用」プログラム開発を経て、教育効果を落とさずさらに簡便に実施が可能なプログラムとして、株式会社コギトとの「エデュロゲ」共同開発に至りました。

 

■今後の展開

京都エリアへ修学旅行で訪れる学校関係者向けのサービスから発展させ、学生だけでなくファミリー向けのイベントやツアーなどでご活用いただけるよう展開予定です。

特に、地域振興を目的にしたイベントやツアーなどを全国の自治体様でご活用いただけるよう取り組んでまいります。

 

 

■運営企業

【開発/販売】

企業名     :株式会社コギト

設立      :1990年6月

代表取締役   :太田稔

資本金     :9,500万円

事業内容    :システム開発・運営、EC事業、ヘルスケア・スポーツ啓発事業

URL       :https://www.cogito.co.jp/

 

【販売】

企業名     :エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社

設立      :1987年9月

代表取締役   :鳥越隆

資本金     :1億円

事業内容    :教育研修の企画・実施及び教育支援システムの企画・開発・販売・運営

関連コンテンツ

  • ambula map