その「仕組み」は世界をちょっぴり変えていく。COGITO

News

産地の魅力と、鮮度の高い花を 最短距離で届ける!花 専門の産地直送サービス 「fanfarm」 グランドオープン

2021.05.26

株式会社コギト(本社:京都府京都市、代表取締役:太田稔)が展開する、花のある暮らしを提案するWEBサービス「hanaike(はないけ)」は、2021年5月26日に、花専門の産地直送サービス「fanfarm(ファンファーム)」をグランドオープンします。

 

https://fanfarmhana.com/

 

■企画概要

fanfarmは、花専門の産地直送サービスです。

 

生産者が丹精込めて育てた花を、飾りたい人と場所へ、ダイレクトにお届けする。

「産直」という選択肢を、もっと楽しく、充実したものにしたいと考えました。

 

私たちの未来の世代も、花のある暮らしが楽しめるように、普段から花を飾る方はもちろん、そうでない方にも、今の花業界や生産者が直面している課題や、私たちができるアクションについて知ってもらいたい。

そんな思いを重ねて、プロジェクトを立ち上げました。

 

■サービスのコンセプト

fanfarmでは、fresh、fair、fun、future 4つの「f」を掲げ、花をお届けします。

 

– fresh –

必要な分だけを新鮮なうちにお届けすることを大切にします。

その花と過ごす時間が長くなるほど、色や形、香り、質感、花姿の変化に触れることができ、

より花の魅力を感じていただけるものと確信しています。

 

– fair –

花がお客さまの手元に届くまでの、いろんな拠点を経由するごとに、輸送にともなう時間、お金、環境への負荷が重なっていきます。

トレーサビリティを意識し、よりシンプルな過程を追求し、fanfarmに関わるメンバーすべての利益を最大化していきます。

 

– fun –

花の扱い方や楽しみ方は自由、という声がある反面でどう飾れば良いか分からないという声も多くあります。

必ずこうしなければいけない、という堅苦しさは抜きにしてより花を楽しむコツやポイントを花のさまざまな魅力を引き出せるように、紹介していきます。

 

– future –

花の生産、梱包、輸送、すべての過程において、少なからず地球に負荷をかけています。

すべてをゼロにすることはできませんが、fanfarmは環境負荷のより少ない選択肢を採用します。

売上の一部は、環境保全活動への寄付へ。

未来の地球環境を守るためのアクションを取り続けていきます。

 

■参加farm

・大佐和花卉園(千葉県 富津市)

・Bloom-Net(千葉県 君津市)

・Love the Farm(埼玉県 比企郡小川町)

・ジャパンフラワードリーム(愛知県 田原市)

・フラワーファームしろね(新潟県 新潟市) 他

 

【hanaike について】

花と暮らしのプロフェッショナルとともに、「花のある暮らし」を提案するサービスとして2019年開始。

現在の主要な活動は、自社オンラインの他、百貨店、法人営業先での販売。

今後は、花と雑貨のオンラインモール、フローリストたちとのオンラインレッスンサービス等、

花を楽しむ総合エンタメ事業を構想中。

 

ホームページ https://hanaike.chsp.jp/

関連コンテンツ

  • hanaike