その「仕組み」は世界をちょっぴり変えていく。COGITO

News

お寺で終活セミナー@壬生寺

2018.12.19

12月17日(月)京都市中京区壬生寺で、テラネス特別企画「お寺で終活セミナー」を開催しました。

当日は、中院ご本尊の前に集まった約10名の参加者が、藤井奈緒先生(Officeニコ 終活のよろず案内所 代表)と、松浦俊昭副住職の対談に熱心に耳を傾けておられました。

 

 

セミナーでは、「娘しかいなくて跡取りがいない」「異なる宗派や神道の場合、一緒のお墓に入れないのか」など、藤井先生のご経験上よく相談される質問から始まり、葬儀のあり方やエンディングノートに何を書き残すべきなのか?など終活に関する疑問をテーマに、藤井先生・松浦副住職それぞれの立場からの意見を交換されました。

 

松浦俊昭副住職(左)とOfficeニコ代表 藤井奈緒先生(右)

 

また、「この方法が正しいといわれているけれど、仏教的にはどうなの?」といった疑問にも松浦副住職が丁寧に解説してくださり、藤井先生の上級終活カウンセラーや葬儀社でのご経験・ノウハウとあわせて、より深く理解し実践できる内容で、約2時間の対談を通して、自分自身の終活について悩んでいる方だけでなく、送る側となりうる若い方にとっても送る者として知っておくべきことを学べるものになりました。

 

参加者の方からは、「お寺の中で話を聞くと、より納得感がある」「お寺は敷居が高いと思っていたけれど、気軽に相談してほしいと言ってもらって安心した」などの感想をいただき、お寺と地域の方を繋ぐ1つのきっかけ作りができたのではと考えています。

 

これからもテラネスでは、お寺がより身近なコミュニティの場になるよう取り組んで参ります。(取材担当:堀内)

 

テラネスWEBサイトはこちら

過去イベント実績・今後のイベント予定はこちら


 

▶メディア掲載実績

産経新聞

iZA https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/181218/lif18121808080007-n1.html

livedoorNEWS http://news.livedoor.com/article/detail/15755289/

関連コンテンツ

  • テラネス