その「仕組み」は世界をちょっぴり変えていく。COGITO

whatisnew

【メディア掲載】「NIKKEI The Style」で紹介

2020.06.24

日経新聞日曜版「NIKKEI The Style」6月14日(日)
発行号で、「ambula map」を使った古地図散歩のレポート記事が掲載されました。

アプリ「ambula map」で、美しい江戸の古地図「切り絵図」を表示しながら、神田明神、上野不忍池、東京大学から根津神社へとGPSを頼りに、日経新聞の記者さん、ガイドさんとの時間旅行ような体験記事となっています。

記事本文はこちら→「NIKKEI The Style」記事

体験記事で使用した地図はこちら

江戸切絵図 東都下谷絵図
(ambula mapHPで詳しく見る)

江戸切絵図 小石川谷川本郷絵図
(ambula mapHPで詳しく見る)

ambula map(アンブラマップ)は、GPSに対応したイラストマップ表示アプリです。
古地図やイラストマップなど「絵」として描かれた曖昧な地図でも、常に現在位置が表示されるため、
イラストマップの上を歩くような感覚で散策を楽しめます。


ambula map紹介ムービー

アプリを観光ガイド代わりに。
現地スタッフいらずのウォーキングイベントやスタンプラリーイベントのツールとして。
地図という今ある資産を活用して、街や施設の魅力をPRできるサービスとして地方自治体様・観光協会様・レジャー施設様などからご評価いただいております。

ambula mapについての詳しい説明/資料ご請求はこちら

【関連サービス】
古地図と現代地図の縮尺をあわせて、正確に当時と現在の位置が比較できる「タイムワープMAP」

関連コンテンツ

  • ambula map